熱狂的野球ファンが綴る!ベースボールの魅力

桑田さん。指導者の指導者にならないかな

私は、昔からの阪神タイガースのファン、
つまりアンチ巨人の野球ファンです。

 

桑田真澄氏は、その憎き巨人のエースということで、
現役時代は本当に私にとっては悪役以外の何物でもありませんでした。

 

 ところが、巨人からアメリカメジャーの球団に移籍され、
現役を引退されてからの桑田さんを見る目がまったくかわりました。

 

桑田さんのスポーツ界の一部に残るイジメ・暴力の根絶を強く主張されている
姿勢には全く共感を覚えます。

 

また、野球界で脈々と伝わる伝統的な技術論に対し盲目的に服従しようとし続ける
指導の在り方に疑問を投げかけておれますが、
たいへん納得できる話だと思っています。

 

たとえば、守備については、「ゴロは体でとめろ」とよくいわれていること対し、
「ゴロは、送球に備えて体の正面でとるべき」と自論を展開されておられます。

 

また、「バッティングは上から叩くように打て」に対しては
「打者に向かってくるボールの軌道に対して、
バットの軌道が水平になるようバットを振りなさい。

 

その方がバットとボールがあたる確率は高い」と論理的に否定しています。

 

さらに、変化球が解禁される中学生のピッチャーにまずカーブを
指導することが多い現状に対し、
成長期の中学生のひじ・肩の負担を考えるとチェンジアップを
最初に教えるべきと主張されておられます。

 

 愚息が中学の野球チームに所属する私にとって、
いずれも非常に説得力のある話で、ついつい聞き入ってしまいます。

 

さらに、桑田さんは東京で中学硬式野球のチームを作られ、
ご自身の理論を実践されています。

 

現役を引退されてなお野球界に貢献されている姿は本当にすばら
しいとしかいいようがありません。

 

今、桑田さんの指導を受けている子供たちが、野球を指導する立場になったとき、
野球界も変わってくるのだろうなと思っていますが、
今指導者の立場におられる方に桑田さんの指導を聞いてもらい共感してもらえる
人が増えて、野球界の変化が加速すればいいのになあと思います。