熱狂的野球ファンが綴る!ベースボールの魅力

野球で難しい逆シングルでのグラブの使い方

日本の野球では古くから打球の正面に入ることが推奨されてきたため、
子供の頃から、そしてプロ野球でも、ゴロなどを処理するときには、
だいたい打球の正面に入ることを心がけ、
確実にとってからアウトにするということが実践されてきました。

 

ただ、最近はメジャーリーグの影響もあり、逆シングルでとって、
送球してアウトにするという流れに傾きつつあります。

 

それは正面に入った方が打球は捕りやすいかもしれないのですが、
踏ん張って投げづらいので、送球が弱弱しくなってしまい、
ノーバウンドで届かない場合もあり、アウトにできる確率が下がってしまうのです。

 

逆シングルは後ろに逸らす可能性もあるものの、捕球の技術をちゃんと磨けば、
体勢的に送球がしやすくなるため、ランナーをアウトにしやすくなるということが言えます。

 

そういった理由で、こちらの方がアウトにできる確率が上がるため、
プロでもアマチュアでも逆シングル推奨の流れになりつつあります。

 

ただ、逆シングルで確実にアウトにするには、
捕球を確実にするための技術を磨かないといけません。

 

そこで重要なのはグラブの使い方です。
多くの人はゴロなどの打球を捕るときにグラブを無意識にあげてしまうケースがあります。

 

しかし、そうなると、脇が開いてしまって指の先に力が入りづらくなってしまいます。
すると、速い打球がきたときには確実にボールを掴むことができません。

 

また、グラブを上にあげてしまうことでグラブがボールから離れていく動きになるので、
それも確実に掴めない原因の1つになってしまうのです。

 

したがって、逆シングルでボールを掴むときにはグラブを捻って、
打球を迎えにいくような感覚で掴みにいくと上手く捕りやすいのです。

 

手首のスナップを利かせるということです。正面に入ることに慣れてしまっている人は、
なかなか難しいかもしれませんが、グラブの使い方と打球に対する身体の向きや位
置を何度も練習すると、逆シングルでのゴロの処理が上手くなっていく可能性があります。

 

今後は逆シングルが日本での主流になると思われますから、
子供の頃から練習していくことが上手くなる秘訣になるでしょう。